てじーの日記

ていねいなくらしのために、ゆらゆら書きます。

ゴムを感じないパンティ

 

足の付け根が、ゴムで締め付けられて痛い。

お腹周りには、ゴムの跡がつく。

パンティをはくと、これらがつきものだった。

その解決策は「痩せる」(いや、痩せても解決しないのか?)か「履かない」以外なく、しょうがない、と諦めていた。

毎日欠かさず履くパンティ。

少しでも正位置からずれると、気になるパンティ。

だからこそ、ゴムで固定されているパンティ。

毎日のことだからこそ、どうにかして、もっと快適に付き合えないだろうか。

そう、ぼんやり思っていた。

下着というのは、基本的には人に見せる目的のものではないので、注目をされにくい。

けれど、それらは確実に、ジリジリとストレスを与えてくる。

それは、パンティだけではない。

ブラジャーも、まったく同じだ。

男の人にくらべると、女性は「締め付けられる」ものを日々身にまとっていて、窮屈を感じているのかもしれない。

ただ、それが「当たり前」になっているので、そこを回避する手だてが何もなかった。

しかし最近、そこに救いの手が差し伸べられたのである。

それは、ユニクロの「シームレスパンツ」。

たったの590円なのにもかかわらず、この履き心地は素晴らしいとしか言いようがない。

足の付け根は、まったく痛くない。

お腹周りにも跡がつかない。

それでいて、動きやすい。

まるで、パンツを履いていないかのようなフィット感がある。

なんだ、これは。

早速、何人かの友人にこのパンティの素晴らしさを熱弁した。

するとたまたまそのころ入院していた友人から、「このパンツ買ってよかったよ」との声をもらった。

入院中で、少しのことでもストレスに感じるところ、シームレスパンツはかなり快適にしてくれたとのこと。

やはり!

その快適さに魅せられた私は、毎日欠かさず愛用するようになっていた。

もう、ワコールとかトリンプとか素敵な下着メーカーのものはつけれられまい。

一気にシームレスパンツに傾倒した。

そんなある時、私は西新宿にいた。

約束の時間に間に合うか、間に合わないか、ギリギリだった。

走る。走る。走る。

そして、その時はじめて、シームレスパンツの負の点に気付く。

その日はワンピースを着ていた。

ということは、その下はパンティ。

そう、愛用のシームレスパンツである。

歩いているときには気づかなかったのだが、走るたびに、ズルズル、ズルズル。

自然と落ちてくるのだ。

え、パンツが落ちてくる!

そんな経験をしたことがなかったもので、慌てた。

え、どうしたらいいの!

しかし、待ち合わせ時間は迫ってくる。

走るのをやめることはできない。

パンティを抑えながら、走る。走る。走る。

まさか、こんなことになるなんて。

どうやら、私は一つ大きなサイズを買ってしまったようだった。

「シームレスパンツ」

本当におすすめです。

ただサイズだけは、どうかお気をつけを!