てじーの日記

ていねいなくらしのために、ゆらゆら書きます。

東南アジアにいったら、少し考えがかわったこと

今まで、旅行ってめんどくさいなーって思っていた。

いや、世間一般的な人たちと同じように、私だって旅行は好きだ。

むしろ大好きだ。

今までも、国内外問わず、人並みくらいには旅行している。

美味しい食べものは食べられるし、自然を身体全体で堪能してリフレッシュできるし、そしてなによりも日常生活から解き放たれた自由を手にする瞬間は、たまらない。

旅行は、いつもの生活では味わえない快感を得られるのだ。

だからか気づいたら、「旅行いきたいなー」ってうわ言のように言っていることも多い。

それでも、それなのに、私は内心ではめんどくさいって思っていた。

 

行きたいといいながらも、めんどくさいと思う。

それは、高校生が大学行きたいと言いながら、まったく受験勉強をしたくないのと同じ原理で。

欲望はあるのだけれど、自分への負担が大きいことはできるだけやりたくない。

受験勉強が心底いやになって途中で受験を諦め、指定校推薦をもらって大学に入学した経験をもつ私は、いつまでもそのスタンスが変えられない。

旅行に行きたいのはやまやまで、けれども選ばないといけないこと、決めないといけないことがたくさんあるのが、とてつもなく、めんどくさい。

どこにいくのか。

どうやっていくのか。

何を着るのか。

何を持って行くのか。

予約はどうやってするのか。

考えなきゃいけないことがたくさんある。

面倒臭がりのグータラな私には、負担が大きい。

友達が全部決めてくれることだってあるけれど、それも申し訳ない気持ちになって、どう挽回しようかとウヨウヨ考えて、けれど結局自分にできることなんて何もなくて、むしろ迷惑をかけてしまう。

そんなことも多い。

けれど、それでもなお、いつだって旅行に行ってよかったって最後には思うのだ。

「めんどくさい」から始まって、「行ってよかった」「楽しかった」で終わる。

今回の旅、シンガポール-マレーシア(ペナン島ランカウイ島)-タイの旅も、本当に楽しかった。

人が暖かく、食べ物も美味しく、トラブルは少しあったけれど、一緒にいった仲間が優しく助けてくれ、笑っていない時がないくらい和やかで、健康が少し損なわれた時もあったけれど、それも仲間に助けられた。

もしかしたら、なによりも仲間のことをより好きになれたことがこの旅の一番の収穫なのかもしれない。

 

そして、今また次の旅を計画しているのだが、なぜだか以前のように、めんどくさい、とは思わなくなっていた。

時間があればもっともっと旅行に行くべきだ、といつのまにか考えが変わったようだった。

東南アジアが楽しかった、が、準備のめんどくささよりもだんぜん上回って、それが次の旅行への原動力になっているようだった。

きっと旅行は楽しいだけではなく、他にも得るものがあることに気づいたからかもしれない。

自分の考えやモノの見方が少しだけ変わる瞬間に出会える。

日本以外の国のことに興味を持つきっかけをもつことができる。

日本のことがより好きになれる。

計画を立ててしっかり準備した分、「楽しい」リターンが大きい。

などなど。

今回の旅をきっかけに、もしかしたらこれからは、「計画立てて準備するのが楽しい」から始まって、「行ってよかった。楽しかった」で終わることができるかもしれない。

と、ちょっとだけ期待している。

 

ということで、少しずつゆるゆると旅日記を書いていきたいと思います。