てじーの日記

ていねいなくらしのために、ゆらゆら書きます。

リフレッシュしてきます

勤続まる10年がたちました。

それは、本当にあっという間で、大学4年間があっという間だったのとまったく同じように、その年数の実態をほとんど自覚できないくらいです。

最初のうちは、3年経ったら辞めて専業主婦になる、と思っていました。

しかしその夢はついぞ叶わず、あれよあれよと、10年を超えていました。

この10年、いろいろなことがあったけれど、不思議とイヤなことはあまり思い出せません。

いや、覚えていないこともないのですが、それがなかなかの美談にすり替わってしまっていて、気づいたら「イヤな思い出」フォルダにはなくなってしまっていました。

我ながらおめでたい思考ではあるけれど、それに固執していたら生きられなくないですか?

いやなことも美談にすることで、都合よく消化することができる。

きっとそれは、忙しい現代人みんなそうなのでないかと思うのです。

だって、イヤなことを引きずっていられるほど、みんな暇じゃないですもんね。

もっと大事なことがありますもんね。

さて、そんなこんなで10年。

そのご褒美に、と私の勤める会社では、「リフレッシュ休暇」というものをいただくことができます。

計10日間のお休みをいただけます。

私は、5日、5日と2回に分けて取得する予定なのですが、これがもう楽しみすぎて、仕事になりません。

リフレッシュという名なので、「休んでもっとがんばってね」ということなのでしょう。

しかし、私にとっては、まったく仕事には悪影響しかないようです。

すみません。

ということで、9月下旬にシンガポール、マレーシア、タイ。

11月下旬に、オーストリアチェコに行きます。

1回目は、同期でいくので、ほぼみんなにお任せしています。

「ここどう?」

いいねー!

「どこ行ってみたいー?」

動物園!(これは却下されました。泣)

とか、そんな感じでかなりのお任せをしています。

ホテルも飛行機も、特急電車も、工程もすべて同期がやってくれます。

本当にありがたい。

お任せしっぱなしのため、何も頭に入っていません。

空っぽ。

そろそろ、怒られるかもしれないので、あと2週間くらいで、猛勉強をしたいと思います。

一方、11月下旬のオーストリアチェコは、一人旅。

初めての一人旅!

しかも、ヨーロッパ!

だからこそ、なかなか計画が進みませんでした。

それはきっと大きな買い物になるだろうし、決めてしまったら後戻りできないし、それになによりも決めてくれる人がいない(ダメ人間)。

なので考えていたとしても、ぼんやり、ここいきたいな~っていうくらい。

好きで行く旅行なのに、いつの間にか、決めなきゃ決めなきゃと、義務感に責め立てられているかのようで、後ろ向きにさえなっていました。

しかし、1つのボタンを押すことで、この意識がいとも簡単に切り替わったのです。

たったひとつのボタンで。

たったそれだけで意識がこうも変わるか、と驚きました。

 

それは、こんなことから始まりました。

「ヨーロッパいく、って言ってたけど、航空券とったの?」と同期。

ううん、まだー。

「私、パリに行くことにしたんだけど、航空券とったよ。早くとったほうがいいよ!」

そっかー、うん、考えてみるー。

 

それでもまだスイッチの入らない私は、しぶしぶ、別の友人から教えてもらった、予約サイトにアクセスしました。(自分の旅行だろ!)

うーん、どうかなー、髙いよなー。

と思っていたら、なんと、往復で6万円を切る航空券を発見!!

これで本当に問題ないのか、ポーランド航空って大丈夫なのか、とかなんとか、うんうんと小一時間悩んでいたら、ついに残席があと2席に。

あー、これはもう買うしかない。

このまま0席になったら、めちゃくちゃ後悔する。

まだ2席残っているのに、妙に焦燥感にかられて、ポチっとしてしまいました。

 

それからというもの、頭のなかは、ウィーン。

モーツァルトにベートーベン。

オペラに、コンサート、ウィーン少年合唱団

頭の中は、もうすでに音楽の都でいっぱいです。

おじさんのじとっとした体温を感じる満員電車の中でも、ガイドブックを読んでいさえいれば、それほど気にならない。

仕事がたんまりやってきていても、ウィーンのことを考えていさえいれば、ルンルンと仕事ができる。

どうやら、そのボタンをポチっただけで、私の世界はガラリとかわったかのようです。

まるで、恋人ができた時のやうに世界がキラキラして見えます。

あー、航空券の予約ボタンには、そんな効能があったなんて!

なんとまぁ、素晴らしい!

さぁ、これからホテル探し。

どんなホテルに泊まろうか、どこの都市に泊まろうか、そんなことを考えているだけで、本当に楽しい。

ということで、わたし、リフレッシュをしてきます!