てじーの日記

ていねいなくらしのために、ゆらゆら書きます。

ネイルを綺麗にしていたり、

身なりを美しくしていたり、

カチョウやブチョウに昇進していたり、

お家をもっていたり、

素敵な旦那さんや子供がいたり、

はたまた1人を楽しんでいたり、

知識が豊かだったり、

物をたくさん持っていたり、

いろいろなひとがいるけれど、みんな同じ生物「人間」で、みんなそれぞれ喜びも不安ももちあわせて生きている。

なのになぜか、より「安心」を得るために、「肩書き」や「モノ」をほしがって、もしくは、持っていないワケを正当化して、自分を守ろうとする。

それが、きっと自分に「安心」をもたらしてくれるだろう、と。

社会的に認められるだろう、と。

 

私は、30代「独身女性」として生きているけれど、そこにもそれなりの理由をみつけてしまう。

仕事が忙しかったし、いい人と巡り合えていないのよね。

とかなんとか言って。

それに、独身でも楽しいのよ、と言って見栄を張ってもいる。

趣味のパン作りが楽しい、とか、文章を書いてスキルアップをしている、とか。

もちろん、やりたいことをやっているだけではあるけれど、どこかで、ほんの少しそこに見栄も顔をのぞかせている。

こんな風にしているから、寂しくはないのよ、と。

それが、ほんの少しだけたしかにあって、ゼロ%とは言い切れない。

そんな自分が、気持ち悪い。

 

人にどう思われようとも、自分がやりたいことをやって、楽しんで、満たされているだけでいいんだよなぁって最近思うんです。

自分が感じている「曲がらない真実」を大切にしつつ、

暖かい心でい続けること。

それこそが、わたしにとって本当の「安心」をもたらすのではないのかな、と。

淡々と、やるべきことをやっていけば、おのずと自分のなりたい姿になるはずで、

それを誰かに評価されなくていい。

「いいね」を求めようとしたり欲しがったりせず、潔く生きていたい。

なーんて、漠然と朝の通勤電車で居合わせた、ネイルが綺麗で、化粧をバッチリしている、素敵なオネエサンをみて思いました。

とりとめもない話ですけど。

なんかそうゆう月曜日の朝。

さぁて、淡々と、がんばりましょうかね。