てじーの日記

ていねいなくらしのために、ゆらゆら書きます。

一回やすみ

「一回休み」

人生ゲームやトランプゲームで、それになると「負け」に一歩近くようで、なかなか喜べなかった。

自分だけ「おきざり」にされて、他の友達がコマを進める。

なんという孤独感と焦燥感。

待って、といっても誰も待ってはくれない。

そりゃ、当たり前だ。

誰しも、先にゴールしたいし、上がって勝ちたいのだから。

なのに、私はその「一回休み」をしようと思っている。

そのうちに、周りのひとはどんどん先に進むだろう。

きっとどんどん書く力を身につけて、どんどん面白い記事を書いていくだろう。

けれど、私は今日で終了した「プロゼミ」を、これで一度お休みすることにした。

あれだけ、楽しい楽しい、と騒いでいたのに?

あ、いつものように飽きたんだね、また辞めるんだね、と思われるかもしれない。

どう思われるかはわからないけれど、飽きたわけではない。

そして、辞めるわけでもない。

この3ヶ月間のプロゼミで、前回の3ヶ月に比べると、課題の提出率もあがったし、ウェブに掲載してもらえる率もあがった。

すくなからず、少しは成長できた、と思える。

けれど、自分に足りない力が、よくわかった3ヶ月だった。

自分が人に伝えたいことは、なんなのか。

自分はこの先、どうゆう形で書いていきたいのか。

まったく明確になっていなかった。

ただただ、書きたいこと、書いておきたいことを、書いた。

けれど、それがなんになるのだろう。

たしかに、書くことで、「私は」満足だった。

心の中にあることをカタチにすることで、すっきりしていたから。

けれどこれって、ただの自己満足じゃないか、自慢なんじゃないか、と思うようになった。

他の人に、読んでよかった、って思ってもらえるような文章ではないのではないか。

まったく自信がなかった。

その理由は明らかで、自分のスタンスが定まっていないからにほかならない。

書くことは好きなのに、書くネタがなくて、じゃあフィクションを書くかと思えど、まるで妄想力がない。

要は、書くことが「ない」。

なくなってしまった。

なくても書けるくらいでないと、このまま高いお月謝を払うのがもったいない。

だから、「一回休み」をすることにした。

その休んでいる間に、今自分に足りないことを補強する。

だから、これで終わりではないし、自分なりに書くレベルを上げていこうと思う。

一回休み、をどうやって楽しもうか。

それが、今、楽しみだ。