てじーの日記

ていねいなくらしのために、ゆらゆら書きます。

失ってわかること

当たり前だと思っていたのに、なくなった途端にその大切さが心にしみることってありますよね。

たとえば、実家に住んでいたのに、一人暮らしを始めた(または家庭を持った)ら、そのありがたみがよくわかる。

あー、ごはんが当たり前に出てきて幸せだったなー。

洋服も、洗濯してアイロンをかけてくれて、いつもきれいな洋服をきれていたなー。

「早くお風呂入りなさい」とかいわれて、うるさいと思っていたけれど、それが幸せなことだったんだなー。

とか。

今まで、親がやってくれていたことを、自分でやらなければならなくなって、やっとそのことに感謝できるようになる。

親がありがたい存在になる。

大事にできるようになる。

そんなことってありますよね。

私は、それと同じようなことを最近体験したのです。

今はやりの「糖質制限」で。

(ずいぶんとレベルが違うのは、承知のうえで書きます。笑)

ついこないだ、私も32歳だし、結婚や出産のことを真剣に考えなければ、とやっと決意しました。

それは、友だちがどんどん結婚して、子どもを抱いている姿をみて、そしてその子どもを抱かせてもらっていると、私も「そっち側」にいきたいなー、と思ったことからはじまりました。

いつもマイペースにやりたいことをやっている私に呆れた親から、ついに「離婚してもいいから、一度は結婚してよね」と言われてしまいました。

それで素直にも、そうだよな一度は結婚しないとな、と思ったわけです。(もしろん離婚はしません!)

だとすると、出会いもそうですけれども、この先半年後にはきっとウエディングドレスを着る(着たい)ので、きれいに着こなしたいと思いました。

それは、しごく自然なことですよね。

一生に一度の結婚式。

写真に残る晴れ姿。

恥ずかしい姿は見せられません。

ということで、ダイエットを固く決意したわけでございます。

何度も何度も同じような「決意」を口にしているわけですが、今度ばかりは違います。

なんせ、本当に、真剣に、結婚を意識したのですから。

だから、今度こそは成功させなければなりません。

親の喜ぶ顔がみたいではありませんか。

ということで、最近よく耳にする「糖質制限ダイエット」を開始したのです。

このダイエット、とても簡単。

ただ、主食を抜く、それだけ。

しかも、たったの2週間。

それ以降は、糖質を1日に50g取りながら、筋力をつけていく。

(ごはん1膳(150g)で、糖質は大体55.2gと言われているので、1日1膳は食べられる!)

本を読み込んだ結果、それで2か月で5キロくらいはやせられるだろう、という心づもりです。

うんうん、なるほど。これならできそうだ、と意気揚々と始めたのです。

肉、魚、大豆製品などでたんぱく質を取り、野菜をたんまり食べる。

スープにしたり、ソテーにしたり、いろいろとバリエーションを楽しみました。

これ、しっかり3食たべれて、全然ストレスない!

私に合っているかも! 

絶対続けられる!

そう思った矢先のことでした。

私の意志とは裏腹に、身体は正直なのです。

今まで毎日、毎日、なんならたんぱく質や脂質なんかよりもだんぜん摂取していた「炭水化物」。

もう恋しくて、愛おしすぎるので、炭ちゃん、とよんでみます。

そう、その炭ちゃんが急にいなくなって、最初は黙っていた身体も、ついにそれに気づいてしまいました。

最初はきっと今まで過剰に身体にはいっていた糖分で、なんとかだませていたのでしょう。

しかし、それがなくなるやいなや、おなかの雄たけびが止まらない。

グー。

グー。

グー。

しかも、肉や野菜を食べた2時間後には、騒ぎ出すのです。

もう、これは炭ちゃんに助けを求めようかと、なんども考えました。

ただ、私の決意も固い。

ここは譲れない。

我慢をしました。

けれど、我慢ができなくなって、許可されている「肉」を食べました。

そしたら、どうでしょう。

次の日、体重が増えているではありませんか。

あんなにお米を我慢したのに。

あんなに、あんなに、身体の叫びを無視したのに。

なんだか裏切られた気がしました。

頑張った自分が、むなしくなってきました。

そんな時、今まで、どれだけ炭ちゃんに助けられていたか、どれだけありがたかったか、を痛感したわけでございます。

炭水化物がどれだけ腹持ちがよくて優秀か、ということを実感しました。

野菜とお肉は、腹持ちがとてつもなく、悪い!

悪すぎる!

このことが、よーくよーくわかりました。

とはいえ、これからも私の「糖質制限」は続くのですが、さすがに仕事に支障をきたしそうなので、ランチだけお米を80g程いただくことにいたしました。

炭水化物の大切さが、身に染みたおかげで、これからは今までより「味わって」食べることができそうです。

なくなって大切さがわかる。

そうゆうことって、本当に、身近にあふれているものですね。