てじーの日記

ていねいなくらしのために、ゆらゆら書きます。

心が落ちつく場所

自分の地元がすきではなかった。

コンビニも近くにないし、遊ぶところもない。

家は最寄り駅から遠くて、そこから都会に出るのにも時間がかかる。

なんて、つまらないのだろう。

なんて、不便なんだろう。

なんて、ダサいんだろう。

自分のことなど棚に上げては、地元の町を見下していた。

早くここから出たいと思っていた。

檻の中でウロウロしているチンパンジーみたいに、手持ち無沙汰だった。

都会に、出たい。出たい!

そう思って意気揚々と始めた一人暮らしも、いつのまにか気づいたら10年が経っていた。

本当にあっという間だった。

憧れの都会に住み、働き出すと、本当に毎日が楽しくて、煌びやかで、あぁこれが求めていた生活だ、と思った。

地下鉄の駅名をスラスラ言えるようになったり、新しい商業施設ができたらすかさず行くことで心を満たしていった。

憧れの都会人になりつつある、と悦に浸った。

でも、最近少しなにかが違う。

たしかに、都会は便利で、欲しいものが手に入る。

終電を気にして誰よりも早く帰らなければいけないこともない。

もちろん今でも、この生活にはとても満足している。

けれど、本当の意味で満足しているのだろうか。

なんとなく、少しだけ欠けている感じがするような気がする。

なにか、忘れてる。

それは、なんだっけ。

そんなときに、地元に帰って、やっとそれが何か分かった。

それは、ホッとする感覚。

安心できる場所、だ。

あんなに好きではなかった地元が、自分勝手にも、今はホッとする場所になっていた。

やはりここが私の場所だ、と思える。

両親がいて、住みなれた家があって、本音で話せる友達がいる。

地元に帰ることで、私は自分を取り戻しているような、元に戻れているような、そんな感覚になる。

そう思えるのも、もしかしたら、両親が元気でいてくれるから、かもしれない。

友だちが変わらず心を開いてくれて、変わらず笑顔をくれるから、かもしれない。

この家がいまも変わらずあるから、かもしれない。

このすべては、いつまでもあるものではなく、何かのきっかけで崩れてしまう可能性がある。

両親は、日に日に老いていく。

いつ病気になるかわからない。

友だちだって、なにかの拍子に環境が変わって会うことができなくなるかもしれない。

この家だって……。

だから、やっぱり「今」を大事にしていこう。

何1つとして、変わらないものなんてないのだから、今、伝えられるときに感謝をし、大切にしていこう。

あぁ、私も歳をとったものだなぁ。

帰る場所があることを感謝しつつ、また、あの都会の生活に戻るとしようか。

また、すぐに、帰ってくるね。

ありがとう、久喜。