てじーの日記

ていねいなくらしのために、ゆらゆら書きます。

打ち合わせ中に、突然の告白

打ち合わせは、10分で終わった。

たしかに、10分だった。

思いの外、スッと終わって爽快だったし、私は自分のフロアにすぐにでも帰りたかった。

なぜなら、仕事がたんまりたまっていたから。

仕事は1秒でも早く終わらせたい。

早くやらないと。

今日は高校の友達との会合が夜に控えているのだ。

それまでに、やならきゃいけないことが、たんまりある。

けれど、その相手は「最近どう?」という、「聞かれて困る質問ランキング」3位になるであろう質問をしてきた。

はぁ。そう言われましても。

相手がどんなジャンルの、どんな答えを期待しているのか全くわからない。

とりあえず「最近忙しいんだ〜」と、少しでも早く戻りたいオーラを醸してみた。

けれど、相手はそれを意に解することなぞまったくなく、「そうだよね〜」と同調。

うん、そこは同調ではなくて、「じゃあ、また。この件、お願いします」でいいんだけどな。

作戦失敗。

そこから、話はお互いの色恋の話になった。

といっても、彼は奥さんも子供もいる「妻帯者」。

独身の私とは、身分が違う。

けれど、私を置き去りにして、彼の話はどんどんと進んでいく。

電車に乗って小さくなっていく彼の姿を、ホームに取り残されて見送っているような気分だ。

そんな私の心情など気づくはずもない様子を認めて、呆然としていると、突然告白された。

それが「好きです」とかならまだいい。

そうではない。

それも、昼下がりのオフィスには全くをもって、につかわしくない話。

彼は急にだまりこんで、こう言った。

「……俺さ、実はレスなんだよね」

へ? レス??

「それがさ、深刻で。本当に日々悩んでるんだよ。どうしたらいいと思う?」と。

いやいや、待て待て待て。

そんな話をされる、30代独身女性の気持ちを考えてみよ。

それ、めちゃくちゃ、答えにくいですから。

というか、どう答えたらいいんだよ。

私一応、「女」なんですけど。

ツッコミどころが満載すぎて、グゥの音もでません。

たしかに、だまって話を聞いているととても深刻なのだ。

奥さんは、子供を産んでから、まったくの拒否を決め込んでいるらしい。

かれこれもう2年半になるという。

彼も33歳。

それは、さぞ辛かろう。

私は男ではないので、本当の辛さをわかってあげられないのだが、きっと大好きなクリームパンが一ヶ月食べられないのと同じくらいだろうか。

それとも、一ヶ月なにがあっても「笑う」ことを禁じられたくらいの辛さだろうか。

どれもこれも想像することが難しいけれど、きっとそれくらい、いやそれ以上に辛いことなのだろう。

それを、彼の苦い表情は如実に物語っていた。

どうやら、それはそれは真剣に、誠実に、悩んでいるようなのだ。

「俺さ、だから、嫁に相談したんだよ」

「え、なんて言ったの?」

「もう、我慢できないから、誰かと一晩すごしてもいいなかな?、って」

は?

正気か。

呆れてモノが言えない。

辛さはわかるけれど、それを言って許されるとでも思ったのだろうか。

アホすぎる。

もうよくわからなくなって、どの立場だよと自分で自分にツッコミながらも、その「嫁」の代わりに説教をした。

それだけはいけないよ、と。

子供がいるんだからね、と。

果たして私の言葉は、彼の心の中心にきちんと届いただろうか。

欲望に溺れて、本当の幸せを見失わないようにしてもらいたいものだ。

「男の欲望」、本当におそるべし。

そんなことを感じた、昼下がりの打ち合わせ。

まったく、なんの相談に乗ってるんだ、私は。