てじーの日記

ていねいなくらしのために、ゆらゆら書きます。

考える時に、コトバで考える?イメージで考える?

突然ですが、私は、独り言が多い。

人並み外れて、多い。

オフィスにいるときも、一人で家にいるときも、誰に話すでもなく、つぶやく。

しかも、恥ずかしながら、年齢を重ねれれば重なれるほど、多くなっていると思うのです。

こりゃいかん、と思いながらも、今日もコツコツと独り言を重ねています。

その独り言。

「あ、忘れた!」くらいなら可愛いものですが、

こないだ無意識に、「あいつ、舐めてやがんな」とつぶやいていました。

ひー。お口が悪い。そんな自分が怖いです。

そして、独り言は無意識かつ本音なことが多いから、本当に気を付けなければいかんな、と最近は危機感すら覚えている次第です。

 

そんなこんなを考えていた時、「考えるときに、イメージで考える人」がいるということを知りました。

イメージで考える?

はて、どうゆうことなのだろう。

私は、常々、頭のなかでも「言葉」で考えています。

「今日何たべよっかなー。やっぱクリームパンかなー」とか自問自答をしながら生きています。

しかし、世の中には、頭の中に「言葉」がない人がいるというのです。

頭の中にはイメージ(映像?)があって、人とコミュニケーションを取ると時に、

それを言語化するとのこと。

まったくもってどうやってその技を成し遂げているのか、分かりません。

(ちょっと試しに、イメージで考えようとしてみたのですが、まったくできませんでした)

その人たちのことを勝手に考えてみたのですが、もしかしたらイメージで考える人って、もしかしたらアーティスティックなのかもしれないよなー、と思うのです。

例えば、絵。

絵がうまいひとは、モノの形をイメージで記憶できているといいます。

私はいたって絵が下手なのですが、モノをまったくイメージで覚えられていない。

のび太書いて」と言われても、書けないのです。

逆立ちしても無理です。

(逆立ちしたら、誰でも無理だけど)

なぜなら、イメージ(モノの形)を鮮明に覚えていないから。

もちろん、のび太をみれば「あ、のび太だ」と認識することはできます。

(これまた当たり前)

 

ただ、私の周りに、イメージで考えているよー、と言っているひとはいないので、この仮説が正しいかはわかりません。

もし、周りにそうゆう人がいたら是非「絵が上手か」、聞いてみてほしい。

いやー、きっとうまいんだろうなー、と何の根拠もないですが、私はつよく確信しています。

 

そして、イメージで考えるひとは、独り言をしないのだそう。

そもそも、考えているときに言葉を使っていないから、独り言はできないんですって。

それってオトク!

羨ましい!

そうと知ると、もう「イメージで考える人」がかっこいい存在のなにものでもなく、そうなりたい、と今は羨望の眼差しでおります。

ということで、イメージで考えることをこれから毎日練習していこうと思います。

でもさ、これ、どうやって考えるんだ?

ただの「無」になりゃしないか?

あー、誰か教えてほしい。

どうやっているんですかー?

「イメージ思考」の教室があればなー。

聞いたことないですけど。

ということで、独り言が多くてお悩みのひとは、是非、試してみてくださいね。