読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てじーの日記

ていねいなくらしのために、ゆらゆら書きます。

むかし大好きだった漫画「姫ちゃんのリボン」

小さいころによく読んでいた漫画「姫ちゃんのリボン」。

中学2年生の姫ちゃんは、やんちゃで男の子に間違えられるほどスポーツ万能で人気者。明るくて元気でみんなから愛されている。いわゆる「おんなのこ」という子ではない。ボーイッシュでかっこいい。それでいて、大地というイケメンの彼氏までいる。

ずるい。ずるいよー。私は、そんな姫ちゃんにずっと憧れていた。何度も何度も漫画を読んでは、姫ちゃんに近づきたくて、ショートカットに髪型を変えたりスカートではなくキュロットパンツをはくようになった。姫ちゃんみたいに人気者になりたくて、いつも元気で明るい子でいようとしてた。……でも姫ちゃんにはなれなかった。当たり前だけれど。

最近、私たち30代女性をターゲットにした販売が多い。セーラームーンのグッツ販売やりぼん60周年イベント、ママレードボーイやピーチガールの続編。おもわず「わーきゃー」と言って無条件に買いたくなってしまう。冷静さを失ってしまう。まるで、旧友に会えたかのような喜びがそこにはある。それだけ、幼いころの思い出は、普段の意識にはのぼらないところでひっそりと生き続けていたんだなぁ。

それともう一つ分かったことがある。友達とりぼん60周年のイベントについて話をしていたときのこと。あれほど好きだった「姫ちゃんのリボン」のことを断片的にしか覚えていないことに。このあとどうなるんだっけ? どうしてこのときこうなったんだっけ? ショックだった。だって、あんなに読みまくっていたのに。あんなに姫ちゃんのことを知っていたのに(漫画に描かれている情報しか知らないけど)。大地みたいな素敵な男子をもとめていたのに。いつの間にか、大好きな「姫ちゃん」に少しずつ思い出が上に重なっていって、姫ちゃんがずいぶん下の方に埋もれてしまっていた。

あぁ、もう一度読みたい。姫ちゃんに会いたい。ここ数日買いたくてうずうずしている。そう思っている私は、完全に集英社のカモになっている。ま、しょうがない。それはそれでいっか。

歳を重ねると、ふとしたときにこうゆう懐かしさに出逢えるから、いい。いままで思い出すこともなかったどうでもいいことを思い出すと、なんだかフっと幸せな笑みがこぼれてしまう。これから先、年を取ったときにそういう瞬間がたくさんありますように。そのためにも、今をもっともっと大事に生きて行こう、と思った今日このごろです。