てじーの日記

ていねいなくらしのために、ゆらゆら書きます。

私の好きな街

ホームに降り立った瞬間、心が喜んでいるのがわかる。 そして、おもむろにキョロキョロあたりを見渡す。 自然と笑みがこぼれてしまっているのではないか、と不安に思うからだ。 そのくらい、私はこの街が好きだ。 もしかしたら、今、私が一番好きなのは、こ…

言葉なんて、好きなように使えばいいのだ

何気なく雑誌を読んでいたとき、ふいにその言葉と出会った。 言葉なんて、好きなように使えばいいのだ。 作家、山崎ナオコーラさんの言葉だ。 この言葉を読んで、あぁ、と思った。 そして、たしかに、とうなずいた。 もう一度それを味わいたくて、何度もその…

オードリーヘップバーンとミッフィの真髄ってもしかして一緒かもしれない

30歳を超えてから、キャラクターにハマるってどうなのって自分でも思います。 けれど、可愛いものは可愛い。 これ、年齢と紐づけてしまってはいけないのでは、と思います。 とはいえ、街中でキャラクターのキーホルダーをわんさかつけてる人をみると、うわっ…

嫉妬をしています

私は、今、嫉妬をしています。 それも、10くらいも年下の女の子に。 その人は、書店に勤めていて、ライターとしても活躍している人です。 そして、小説家を目指しているという人です。 その女の子に、とてつもなく私は嫉妬をしているのです。 それは、その才…

今さらながら、twitterってすごく使えるじゃないか、と思った話

よく使っているSNSは、メッセージツールとして使っているLINEくらいで、 インスタもfacebookもtwitterもアカウントは持っているけれど、自分で投稿はほとんどせず見るだけだし、その見るっていうのも、好きな芸能人とかアーティストをフォローしてサラサラっ…

今年は、ちょくちょく、ちょちく。

1ヶ月くらい前だったでしょうか。 次の新しい年である2018年の目標が、すんなり決まったのは。 わたしは、新年を迎えるその瞬間に立ち会うたびに、あらたな年はどんな年にしようか、したいか、を実家の湯船に浸かって除夜の鐘を聞きながら考えます。 これも…

ひとり旅だからこそ

初めてのひとり旅行。 ずっとしてみたいと思っていたけれど、根っからのさみしがりやの私はそんな決意をすることはできませんでした。 いつかしてみたい、してみたい、と思いつつもそれはまるで本当に叶えたいと思っているかわからないような夢の夢のまた夢…

90点主義とは?

「90点主義でいいんじゃないかと思うんだよ」 友達は唐突にそう言った。 さっきまで、カレーを満足そうに食べて、このお店を気に入ったとニコニコ笑っていた彼女は、私がホットティを呑気に飲んでいるちょっとの間に、真剣な顔つきになっていた。 「ん? そ…

本音を語ること

かねてから、人と仲良くなったり、距離を縮めたいときには、まず先に自分の腹をパックリ割って、すべてアケスケに話をしようと思ってきました。 小学校の新しいクラスで友達を作るとき、仲間はずれにされたとき、いつも一緒に居られる友達ができたとき、それ…

とんと、ご無沙汰してしまいました

旅行の話を書く、といいながら、書けずに今まで来てしまいました。 そうこうしているうちに、ひとつ近場の温泉旅行をして、そして今月末はウィーン旅行です。 旅行が続いてます。 今までは、一年に一回くらい旅行にいけばいいほうだったのですが、今年は勝手…

東南アジアにいったら、少し考えがかわったこと

今まで、旅行ってめんどくさいなーって思っていた。 いや、世間一般的な人たちと同じように、私だって旅行は好きだ。 むしろ大好きだ。 今までも、国内外問わず、人並みくらいには旅行している。 美味しい食べものは食べられるし、自然を身体全体で堪能して…

時間がすぎていくー

ぼーっとしているといつのまにか時間がたってしまう。 忘れないうちに、 旅行の話、書きます!

イラつかせる人は、大切なことを気づかせてくれるってほんと?

彼は「ふぅっ」とゆっくり一つ、ため息をついた。 これまで彼の大きな瞳を、どれだけの時間見てきただろう。 私と彼は、いつもと同じように向かい合って座っている。 周りには人がたくさんいて、けれど私たちはそんなことにかまうことなく、私たちだけの世界…

リフレッシュしてきます

勤続まる10年がたちました。 それは、本当にあっという間で、大学4年間があっという間だったのとまったく同じように、その年数の実態をほとんど自覚できないくらいです。 最初のうちは、3年経ったら辞めて専業主婦になる、と思っていました。 しかしその夢は…

ネイルを綺麗にしていたり、 身なりを美しくしていたり、 カチョウやブチョウに昇進していたり、 お家をもっていたり、 素敵な旦那さんや子供がいたり、 はたまた1人を楽しんでいたり、 知識が豊かだったり、 物をたくさん持っていたり、 いろいろなひとが…

鈍感であるというのは最強

こないだ、シュラスコを食べにいってきました。 シュラスコって知ってますか? ブラジルの料理で、串刺しにされた大きな肉の塊を、テーブルにまわってくるウェイターが切り落としてくれる、というものです。 いろいろな種類のお肉を、時間内であればいくらで…

一回やすみ

「一回休み」 人生ゲームやトランプゲームで、それになると「負け」に一歩近くようで、なかなか喜べなかった。 自分だけ「おきざり」にされて、他の友達がコマを進める。 なんという孤独感と焦燥感。 待って、といっても誰も待ってはくれない。 そりゃ、当た…

失ってわかること

当たり前だと思っていたのに、なくなった途端にその大切さが心にしみることってありますよね。 たとえば、実家に住んでいたのに、一人暮らしを始めた(または家庭を持った)ら、そのありがたみがよくわかる。 あー、ごはんが当たり前に出てきて幸せだったな…

憧れの彼女に捧げる曲

「恵さん、コンクールに出てみない?」有賀先生が、優しく微笑む。この一言を、どれだけ待ち望んでいたことか。私はずっと、コンクールに出たかった。出てみたかった。それは、1つ年上の朋代ちゃんを追いかけるため。いや、追い越すため。そのために、友達…

心が落ちつく場所

自分の地元がすきではなかった。 コンビニも近くにないし、遊ぶところもない。 家は最寄り駅から遠くて、そこから都会に出るのにも時間がかかる。 なんて、つまらないのだろう。 なんて、不便なんだろう。 なんて、ダサいんだろう。 自分のことなど棚に上げ…

ゴムを感じないパンティ

足の付け根が、ゴムで締め付けられて痛い。 お腹周りには、ゴムの跡がつく。 パンティをはくと、これらがつきものだった。 その解決策は「痩せる」(いや、痩せても解決しないのか?)か「履かない」以外なく、しょうがない、と諦めていた。 毎日欠かさず履…

あるかしら? あってほしいと思うこと

いつからか、「妄想」することを忘れていました。 中学生のころは、好きな人に声をかけられたら「もしかして、このあと体育館裏に呼び出されて、好き、とか言われちゃうかも」とかよく妄想していたものです。 アルバイトの面接に受かれば、「きっとかっこい…

少し前進して、立ち止まって、そしてまた進む

せっかちな私は、ダイエットでも仕事でも、すぐに成果を求めてしまう。 待つことができない。 その効果がすぐに欲しいと思ってしまう。 料理だって、10分後には食べられるくらいのものがちょうどいい。 言ってしまうと、じっと待つことが苦手なのだ。 それを…

浴衣をきてみたら、少し気持ちがかわった

夏と言えば、スイカ、海、そして花火大会! ちなみに私は、この3つがあまり好きではない。 というか、夏そのものがそもそも好きではない。 汗がたらたら垂れてうっとうしいし、体力を奪われるだけでなく食欲までも奪われることなんかも、どうも納得がいかな…

怒りを覚えるとき

おとなげなく、怒ってしまった。 いや、ふてくされてしまった。 仕事をしていると、自分の思い通りにならないことは多い。 それは、分かっている。 わかっていても、苛立ってしまう。 そして、いつまでたっても、「子ども」な自分に飽きれてしまう。 仕事は…

打ち合わせ中に、突然の告白

打ち合わせは、10分で終わった。 たしかに、10分だった。 思いの外、スッと終わって爽快だったし、私は自分のフロアにすぐにでも帰りたかった。 なぜなら、仕事がたんまりたまっていたから。 仕事は1秒でも早く終わらせたい。 早くやらないと。 今日は高校…

白くま

私は、白くまが好きだ。 あの、「ふわふわ」した感じとかたまらない。 たまに見せる可愛いところとか、もう悶絶してしまう。 この季節は、やっぱり白くまが恋しくなる。 そう、鹿児島名産のかき氷「白くま」が。 今では、全国区となっていて、もしかしたら知…

夏です

去年より暑いんじゃないかなぁ、ってくらい汗がドワっと出てくる今日このごろ。 それなのに、帰りみちすがら、歩く練習をしています。 暑い中、背中にリュックを背負って、東陽町から茅場町まで。 だいたい1時間くらいでしょうか。 気分が乗ったら有楽町まで…

自分から逃げることはやめることにした

私は、自分と向き合うことが、苦手だ。できることなら、逃げたい。自分から、逃げ出してしまいたい。 「もう一度!」目の前には、「半紙」とよばれる書道用の紙がふわりと置いてあって、右手には墨汁でヒタヒタになった大筆。すずりに入った墨汁が、鼻をツン…

生ってやっぱりいい

「生」といっても、ビールではありません。刺身でもありません。 演劇のことです。 演劇は、今まであまり縁がなかったのですが、ひょんな思いつきで演劇を見に行ってきました。 それで、見終わった後におもったのが、「やっぱり生は違うなー」というものでし…